PC

選ばれるインドネシア進出支援サービス|ラーメン屋開業もサポート

開店のサポートをする

中華そば

独立開業してラーメン屋を経営したいと考える人は多くいます。しかし、ラーメンを作る技術だけでなく、経営ノウハウも必要なので、簡単にお店を構えることはできないものです。フランチャイズ契約を行なえば、ラーメン作りの指導や経営についての知識も得られるので、安心して開業ができるでしょう。

もっと見る

言語や法の問題をクリア

男の人

インドネシアに海外進出するとなると、言語の問題によるマーケティングの困難さがネックとなります。また、現地の法律や地域のルールなども把握しなければならず、容易に会社設立をするのは難しいのです。海外進出を支援する会社に依頼すれば、こうした問題もすべて解消してくれます。

もっと見る

海外進出でのトラブル解消

階段

社会のグローバル化が進むと同時に、企業の利益を向上させるため多くの会社が海外進出を希望しています。国内で経営を行なうとなると、競合他社との競争や消費者の関心の薄さから、経営が行き詰まってしまうことがあります。それならば、と新しいフロンティアである海外で新しい販路を開拓することは、企業の成長を願う経営者なら誰もが考えることです。新たに商売を行なう進出先は、最近では日本と距離的にも近く、人件費も安いインドネシアが注目されています。物価も日本より安いため安いコストで会社設立ができますが、進出するには現地での各種申請手続きや、現地の人を面接して社員に採用することなど、さまざまな問題が表出します。このような海外進出の問題を代理して解消してくれるのが、インドネシア進出支援サービスです。法人設立に関する手続きのほか、インフラ支援や現地採用でのサポートなど、さまざまな面で海外進出を考える企業を支援してくれるのです。

インドネシア進出支援を行なう会社では、現地の人にも受け入れられる会社となるために各種折衝を行なってくれます。インドネシアの人は日本人とは習慣も異なるため、現地採用した人を日本式の形態で業務を遂行させるとなると、さまざまな問題が生じます。海外の人にとって日本の会社は時間に厳しく、業務も一つ一つが無駄に手間を掛けているという印象を持つことがあります。日本人との考えの違いを鑑みず、厳しく現地採用した社員を指導するとなると、現地の人からの反発も大きなものとなるでしょう。インドネシア進出支援を行なう会社では、現地の人と企業の間に立ち、両者の異なる立場を調整する架け橋となってくれます。現地採用した社員には日本企業の理念を伝え、企業側には現地での商習慣に関する話をしっかりと行なってくれます。国や文化の違いからくる齟齬を解消し、しっかりと業務ができるよう調整してくれるため、支援を依頼することでトラブルもなく会社の運営ができるでしょう。

企業利益にも繋がる

クレジットカード

クレジットカード決済のサービスを導入することで、消費者がサイトで扱う商品を購入しやすくなります。企業利益にも大きく貢献するため、代行で導入してくれる会社へ依頼しましょう。さまざまなクレジットカード会社と提携を結んでいるので、どのカードでも決済ができるようになります。

もっと見る